top of page
  • kateoya

ブログ#3 病は気から、、、認知面も気から!?

更新日:2023年5月16日

最近こんな面白い研究に出くわしました。MCI (軽度認知障害)を持つ人で、加齢に関する肯定的な信念・考え(positive age beliefs)を持つ人は、なんと!MCIから回復したという研究*1です。

これは、イエール大学の研究者が報告したもので、65歳以上の1716人が参加した研究です。この参加者を、加齢に関して、肯定的な信念・考えを持っている、否定的な信念・考えを持っているという、2つのグループに分けて、2008年から2020年まで追跡しました。その結果、MCIを持ち、加齢に関して肯定的な信念・考えを持つグループの人たちは、否定的な信念・考えを持つグループの人たちに比べて、30%以上の高い割合でMCIから回復したそうです。

年齢による差別が、高齢者の健康に害を与えているのではないか、という研究報告*2もあります。加齢に関する否定的でマイナスな考えは、私たちの心の健康、身体の健康、そして脳の健康にも悪いという事でしょうか。そして、私たちの心持ち一つで、認知面の低下を回復出来る可能性があるというのは、非常に心強いニュースです。もう歳だから集中力が無くなった、とか、もう歳だから物覚えが悪い、とか…私もまずは、何でも年齢のせいにするを止めるようにしていきたいと思います!


*1 Levy BR, Slade MD. Role of Positive Age Beliefs in Recovery From Mild Cognitive Impairment Among Older Persons. JAMA Netw Open. 2023;6(4):e237707.

doi:10.1001/jamanetworkopen.2023.7707


*2 Allen JO, Solway E, Kirch M, et al. Experiences of Everyday Ageism and the Health of Older US Adults. JAMA Netw Open. 2022;5(6):e2217240. doi:10.1001/jamanetworkopen.2022.17240

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ #15 夫の母から学んだこと

85歳になる夫の母が、数年間癌と勇敢に戦い、残念なことに、つい最近亡くなりました。彼女は今は亡き夫(私の夫の父)と、8人の子供を育てあげました。そして、私の夫を含む8人の子供たちは、子供の頃に骨折などの大怪我もなく!皆、立派な大人になりました。 義母の献身は、家族に対してだけではなく、彼女が暮らした地域社会にも向けられました。1番下の子供が幼稚園に入るとすぐ、彼女は6年生を担当する教師となり、その

ブログ#14 長引くコロナとブレイン・フォッグ

私の周りにいるアメリカ人の知り合いに、症状がかなり長引くコロナを経験している人が、チラホラいらっしゃいます。そして、その中には、認知機能面の低下を訴える方も、いらっしゃいます。所謂ブレイン・フォッグの症状です。記憶力などの認知機能の低下を症状とし、脳が霧のようにモヤモヤした感じがする、ということから、Brain Fog (脳の霧)と呼ぶことが多いのです。そこで今回は、それに関連したアメリカからの研

ブログ#13 独居高齢者の味方はペット!? そして、犬より猫が認知症予防!?

今年初のブログは、ペットと認知症についてです。まずは、昨年10月に発表された日本の研究から。これは東京都健康長寿医療センターによる、大田区に在住する65歳以上の方を対象とした研究です*1。参加者11194人(平均年齢74.2歳、女性51.5%、既婚者67.1%)のうち、調査時(2016年)に犬を飼っていた方は、959人(8.6%)、猫を飼っていた方は704人(6.3%)でした。またその内の124人

Comments


bottom of page