top of page
  • kateoya

ブログ #10 故郷の金沢にて

私事ですが、しばらく日本に帰国しておりました。その間に、30歳の時に人生やり直し!を決意し入学した、金沢大学の作業療法学科を訪れる機会に恵まれました。大学の恩師・柴田教授にお招き頂き、作業療法学3年生の皆さんに講義(もどき⁈)をさせて頂くことになった次第です。認知症ケアの論理と実践という観点から、私が枠組みとして使っているパーソン・センタード・認知症ケア(person centered dementia care)と文化的謙虚さ(cultural humility)を、簡単にお話しさせて頂きました。また、現在、取り組み中の認知症ケア・モデルについても触れさせて頂く事が出来ました。これは来年の春に開催されるアルツハイマーの国際会議で発表することを目標にしています。このホームページにも書いていますが、文化の多様化が進むアメリカはもちろんの事、在留外国人の数が増え、また、医療に従事する外国人の数も増えていくことが予想される日本でも、多様な文化に対応するには、謙虚な心構えが必要だと考えます。将来、素晴らしい作業療法士となられるであろう学生の皆さんにも、私の考える医療従事者のあり方が伝わっていれば嬉しい限りです。

私は生まれも育ちも金沢で、現在93歳の母が1人でがんばって暮らしているのも金沢です。東京と繋がる新幹線が出来て以来、金沢の国際化が進み、外国からの観光客が後を絶ちません。街を歩いていると、いろいろな言語が耳に入ってきます。もしかすると、その観光客の中で、不幸にも病気や怪我で病院を訪れたり、入院されたりする方がいるかもしれません。そんな時、私たちが持つ、そして、自身でも気づいていない他文化に対する偏見やステレオタイプが、治療やケアの妨げになってはなりません。そして、医療分野だけに限らず、真の意味で異文化交流に従事するためには、文化的謙虚さという概念を理解することが大切だと思います。

金沢大学の作業療法学専攻の皆さん、世界に羽ばたく、グローバルな視野で活躍する作業療法士となって下さいね。応援しています。そして柴田先生、お招き頂き、ありがとうございました!

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ #15 夫の母から学んだこと

85歳になる夫の母が、数年間癌と勇敢に戦い、残念なことに、つい最近亡くなりました。彼女は今は亡き夫(私の夫の父)と、8人の子供を育てあげました。そして、私の夫を含む8人の子供たちは、子供の頃に骨折などの大怪我もなく!皆、立派な大人になりました。 義母の献身は、家族に対してだけではなく、彼女が暮らした地域社会にも向けられました。1番下の子供が幼稚園に入るとすぐ、彼女は6年生を担当する教師となり、その

ブログ#14 長引くコロナとブレイン・フォッグ

私の周りにいるアメリカ人の知り合いに、症状がかなり長引くコロナを経験している人が、チラホラいらっしゃいます。そして、その中には、認知機能面の低下を訴える方も、いらっしゃいます。所謂ブレイン・フォッグの症状です。記憶力などの認知機能の低下を症状とし、脳が霧のようにモヤモヤした感じがする、ということから、Brain Fog (脳の霧)と呼ぶことが多いのです。そこで今回は、それに関連したアメリカからの研

ブログ#13 独居高齢者の味方はペット!? そして、犬より猫が認知症予防!?

今年初のブログは、ペットと認知症についてです。まずは、昨年10月に発表された日本の研究から。これは東京都健康長寿医療センターによる、大田区に在住する65歳以上の方を対象とした研究です*1。参加者11194人(平均年齢74.2歳、女性51.5%、既婚者67.1%)のうち、調査時(2016年)に犬を飼っていた方は、959人(8.6%)、猫を飼っていた方は704人(6.3%)でした。またその内の124人

Comentarios


bottom of page