top of page
  • kateoya

ブログ #4 まるで恋愛関係!大好きなテレビとちょっと距離を置いてみる…

更新日:2023年5月21日

私の著書「親子で防ぐ認知症」の中で、危険因子の一つ「運動不足」の箇所に、長時間座っている人で運動不足の人は、高い死亡率に繋がったという研究*1に触れています。座ってばかりいる行為の一番に挙げられるのは、テレビの視聴だと思います。テレビを見るというのは、受け身であり、認知面に良く無いだろうというのは想像出来ますね。実は、長い時間テレビを見るという行為は、運動する、しないに拘らず、認知症になるリスク上昇に繋がったという研究報告*2があります。逆に、コンピューターを使うという行為は、認知症になるリスクの低下に繋がったということです。コンピューターを使うという行為は、座っていても、認知面に刺激を与える活動と考えられます。同じ座っている状態なら、テレビを見るのは止めて、コンピューターを使う活動に切り替えた方が良いという事ですね。この研究には、パンデミック中のデータは使われていないということなので、コロナ禍で外出もままならず、テレビを必要以上に見てきた私たちは、一体どうなるんだろうと、一抹の不安を覚えます。ドラマ全話をイッキ見したというのは、多くの皆さんが経験済みの事ではないかと思います。過ぎてしまった時間を取り戻す事はできませんが、コロナ禍から抜け出し始めた今、これから先の私たちの行動を変える事は、自分たち次第です。勇気を持って!?過剰なテレビやストリーミングと距離を置く時かもしれません。「Netflixさん、Huluさん、今までありがとう。でも、ちょっと考える時間を下さい!」なんて、パートナーに別れを切り出すような寂しさを感じますが、健やかに歳を重ねるためには、必要なことだと思わざるを得ません。


*1 Ekelund U, Tarp J, Fagerland MW, et al. Joint associations of accelerometer-measured physical activity and sedentary time with all-cause mortality: a harmonised meta-analysis in more than 44 000 middle-aged and older individuals. Br J Sports Med 2020;54:1499–1507

*2 Raichlen D A, Klimentidis Y C, Sayre M K, et al. Leisure-time sedentary behaviors are differentially associated with all-cause dementia regardless of engagement in physical activity. PNAS 2022; 119 (35). https://doi.org/10.1073/pnas.2206931119

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ #15 夫の母から学んだこと

85歳になる夫の母が、数年間癌と勇敢に戦い、残念なことに、つい最近亡くなりました。彼女は今は亡き夫(私の夫の父)と、8人の子供を育てあげました。そして、私の夫を含む8人の子供たちは、子供の頃に骨折などの大怪我もなく!皆、立派な大人になりました。 義母の献身は、家族に対してだけではなく、彼女が暮らした地域社会にも向けられました。1番下の子供が幼稚園に入るとすぐ、彼女は6年生を担当する教師となり、その

ブログ#14 長引くコロナとブレイン・フォッグ

私の周りにいるアメリカ人の知り合いに、症状がかなり長引くコロナを経験している人が、チラホラいらっしゃいます。そして、その中には、認知機能面の低下を訴える方も、いらっしゃいます。所謂ブレイン・フォッグの症状です。記憶力などの認知機能の低下を症状とし、脳が霧のようにモヤモヤした感じがする、ということから、Brain Fog (脳の霧)と呼ぶことが多いのです。そこで今回は、それに関連したアメリカからの研

ブログ#13 独居高齢者の味方はペット!? そして、犬より猫が認知症予防!?

今年初のブログは、ペットと認知症についてです。まずは、昨年10月に発表された日本の研究から。これは東京都健康長寿医療センターによる、大田区に在住する65歳以上の方を対象とした研究です*1。参加者11194人(平均年齢74.2歳、女性51.5%、既婚者67.1%)のうち、調査時(2016年)に犬を飼っていた方は、959人(8.6%)、猫を飼っていた方は704人(6.3%)でした。またその内の124人

Comments


bottom of page