top of page
  • kateoya

能登半島地震:被災者の皆さまへ、日本の皆さまへ

更新日:1月29日

この1月1日に石川県の能登半島を中心にして起こった地震のために、多くの方が亡くなられたことに、心から哀悼の意を表します。また、被災された皆さまが、どんな思いをされているかと考えると、言葉にもなりません。心から深くお見舞いを申し上げます。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、石川県は私の故郷です。幸いにも、金沢市で暮らす母は、食器などが壊れただけで、怪我も無く無事にしております。金沢市は、能登方面に比べると、被害が少なくて済んだようです。母の弟、つまり私の叔父とその家族は、羽咋市で暮らしており、地震により家屋の一部が破損しましたが、幸い住める状態ということでした。1月13日(土)現在、県内で約55,550戸が断水中ということで、叔父家族もその中に入っております。母の弟と言っても、叔父も90歳。身体が心配です。そして、未だに孤立状態の集落が15地区にも渡り、793人の方が含まれるということです。私などは、あまりにも遠くにいて、唯々自分の無力さを痛感する毎日です。

そんな中ですが、被災地の皆さまの安全と、1日も早い復興を心から念じつつ、万が一にも、このブログをご覧いただいた方にとって役に立てばと、ここに、石川県からの災害情報と、被災者への支援(義援金)方法などを掲載させて頂きます。また、このブログの英語版では、アメリカで暮らす方々にも、支援を呼びかけています。

今月は、29年前に阪神・淡路大震災が起こった月でもあります。”生きる”ということ、また”生かされる”ということについて、深く考えさせられます。



・義援金の受付 石川県 (直接窓口、銀行振り込み、郵便局振り込み 等)


・災害ボランティア支援団体への義援金


・ボランティア情報


・最新の被害状況報告はこちらから










































































怪我もなく


大丈夫でした。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ #15 夫の母から学んだこと

85歳になる夫の母が、数年間癌と勇敢に戦い、残念なことに、つい最近亡くなりました。彼女は今は亡き夫(私の夫の父)と、8人の子供を育てあげました。そして、私の夫を含む8人の子供たちは、子供の頃に骨折などの大怪我もなく!皆、立派な大人になりました。 義母の献身は、家族に対してだけではなく、彼女が暮らした地域社会にも向けられました。1番下の子供が幼稚園に入るとすぐ、彼女は6年生を担当する教師となり、その

ブログ#14 長引くコロナとブレイン・フォッグ

私の周りにいるアメリカ人の知り合いに、症状がかなり長引くコロナを経験している人が、チラホラいらっしゃいます。そして、その中には、認知機能面の低下を訴える方も、いらっしゃいます。所謂ブレイン・フォッグの症状です。記憶力などの認知機能の低下を症状とし、脳が霧のようにモヤモヤした感じがする、ということから、Brain Fog (脳の霧)と呼ぶことが多いのです。そこで今回は、それに関連したアメリカからの研

ブログ#13 独居高齢者の味方はペット!? そして、犬より猫が認知症予防!?

今年初のブログは、ペットと認知症についてです。まずは、昨年10月に発表された日本の研究から。これは東京都健康長寿医療センターによる、大田区に在住する65歳以上の方を対象とした研究です*1。参加者11194人(平均年齢74.2歳、女性51.5%、既婚者67.1%)のうち、調査時(2016年)に犬を飼っていた方は、959人(8.6%)、猫を飼っていた方は704人(6.3%)でした。またその内の124人

댓글


bottom of page